2018年07月26日

東京都 大田区 磐井神社・神社・参拝・御祈祷・ご利益・御朱印 2018/7/21

【39.2018/7/21 東京都 大田区 磐井神社・神社・参拝・御祈祷・ご利益・御朱印】



【御祭神】応神天皇・仲哀天皇・神功皇后・姫大神・大己貴命


【公式サイト】http://iwaijinja.tokyo/


【最寄駅】大森海岸駅・平和島駅


東京都 大田区に鎮座する 磐井神社に参拝してきました。


最寄駅の大森海岸駅や平和島駅からは


徒歩数分で、第一京浜(国道15号)沿いに鎮座。



DSCN0605.JPG


【ご由緒】


式内社と呼ばれる古い格式をもつ神社である。


『三代実録』によれば貞観元年(859)「武蔵国従五位磐井神社官社に列す」とあり


この神社を武蔵国の八幡社の総社に定めたといわれ


また平安時代(十世紀)に編纂された『延喜式』の神名帳に記載されている。



別名、鈴森八幡宮とも呼ばれ、当社の由緒書によれば


江戸時代には、徳川家の将軍も参詣したことが記されている。


万葉集の「草陰の荒蘭の崎の笠島を見つつか君が山路越ゆらむ」


の歌にある笠島とは、ここの笠島弁天を指したものという説もある。


(境内の案内板より)



【社号碑】


社号碑には「延喜式内」の文字が刻まれている。


DSCN0597.JPG



【鳥居】


DSCN0595.JPG



【参道】


DSCN0598.JPG


【御社殿】


現在も拝殿の扁額には「武蔵國八幡總社」の文字が記されており


古くから広く知れ渡る八幡社の一社だった事が伺える。


大きく突き出した破風が実に立派で重厚感を感じさせる。


DSCN0599.JPG


DSCN0606.JPG


DSCN0604.JPG


【狛犬】


左右共に子持ちの阿狛犬で、中々に珍しい子沢山の狛犬。


左右で計6匹の子を抱える。


DSCN0600.JPG


DSCN0601.JPG



【御朱印】


DSCN0641.JPG



【石碑群・非公開の鈴石と鳥石】


その他、力石や古い狛犬なども残る。


DSCN0607.JPG


DSCN0609.JPG



【境内には立派な銀杏の木】


DSCN0610.JPG



【案内板】


DSCN0596.JPG


DSCN0612.JPG



【MAP】


大森海岸.png








【開運】







【金運】












【スキンケア】

















posted by 逆襲のけんちゃん at 09:31| Comment(0) | 神社参拝・御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

東京都 世田谷区 等々力玉川神社・神社・参拝・御祈祷・ご利益・御朱印 2018/7/21

【38.2018/7/21 東京都 世田谷区 等々力玉川神社・神社・参拝・御祈祷・ご利益・御朱印】



【御祭神】伊弉諾尊・伊弉冊尊・天照皇大神


【公式サイト】−


【最寄駅】等々力駅


東京都 世田谷区に鎮座する 等々力玉川神社に参拝してきました。


等々力駅から5〜10分程度場所にあります。


目黒通り沿いに鎮座しているため分かりやすいです。


境内は綺麗で雰囲気もありましたが


社殿改築中だったのが残念でしたが、工事する隙間から見える


社殿は素晴らしいものと思えます。


大通り沿いに鎮座していながら、緑に囲まれた境内を維持しており


落ち着きもあります。


DSCN0580.JPG


【ご由緒】


文亀年間(1501-4)に世田谷城主吉良頼康が勧請したものと伝え


別当は、満願寺で等々力村の鎮守であった。


明治五年に村社に定められ


同様四十一年に熊野神社の社号を玉川神社と改め


付近の天祖神社、諏訪神社、御嶽神社を合祀した。


境内には郷土開発の偉人、豊田正治翁の碑などがある。


(境内の案内板より)


【社号碑】


DSCN0579.JPG


【鳥居】


石段の先に大きな石鳥居。


DSCN0581.JPG



【参道】


鳥居を潜ると比較的広い境内が広がる。


DSCN0591.JPG



【御社殿】


DSCN0590.JPG


DSCN0587.JPG


DSCN0586.JPG



【狛犬】


DSCN0584.JPG


DSCN0583.JPG


【石獅子】


社殿の右手にあるのが、当社の名物の1つにもなっている石獅子。


草木が絡まり風情のある石獅子になっていて


獅子が千尋の谷に子を突き落とすという故事を模した岩山。


上には親獅子の姿が睨みをきかせ


下には落とされた子獅子が置かれ「自分の子に苦しい試練を与える」と云う


子育ての信仰に因んだものとなっている。という丁寧な説明もしていただけました。


DSCN0588.JPG


DSCN0589.JPG



【御朱印】


DSCN0640.JPG



【名木百選にも選定されているクスノキ】


DSCN0592.JPG


DSCN0593.JPG



【案内板】


DSCN0582.JPG



【MAP】


等々力.png









【開運】







【金運】












【スキンケア】















posted by 逆襲のけんちゃん at 05:08| Comment(0) | 神社参拝・御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月24日

東京都 世田谷区 瀬田玉川神社・神社・参拝・御祈祷・ご利益・御朱印 2018/7/21

【37.2018/7/21 東京都 世田谷区 瀬田玉川神社・神社・参拝・御祈祷・ご利益・御朱印】



【御祭神】大己貴命・少彦名命・日本武尊




【最寄駅】二子玉川駅・用賀駅


東京都 世田谷区に鎮座する 瀬田玉川神社に参拝してきました。


最寄り駅 二子玉川駅から10〜15分程度です。


先日、伺った時は残念ながら社務が閉まっており再度訪問しました。


閑静な住宅内にありセレブ感ありの場所にあり


境内代も清潔感あって綺麗に整備されています。


最寄駅は二子玉川駅か用賀駅でほぼ中間に鎮座しています。


「玉川大師」や「玉川寺」など寺社の多い一角で


急な上り坂を上って行くとその脇に参道。


DSCN0564.JPG


【ご由緒】


明治十八年に役所に提出した旧社名「御嶽神社」の書類には


その由緒として、「戦国時代の永禄年中(1558〜70)に


この村の下屋敷に勧請し、その後、寛永三年(1626)


瀧ヶ谷に長崎四郎右衛門嘉国が寄付をして遷宮した」とあります。


また、当社に保存する棟札には


元禄八年(1695)九月、長崎四郎左衛門嘉満、又四郎嘉包が


子孫の長久繁栄を祈願して、拝殿一宇(棟)を造営したと記録されています。



明治四十一年には、在郷の小社数祠を合祀して


同年四月一日従前の御社号、御嶽神社を地名により「玉川神社」と改称しました。


大正三年に社殿を改築し


同十二年には関東大震災の被害を受けて補修が行われました。


昭和四十一年九月、台風二十六号の猛襲を受け


境内の樹齢七〜八百年の東京都指定天然記念物の赤松が惜しくも倒れ


これを契機に社殿並びに社務所の新築に取りかかり


同四十三年十一月に完成を見ました。


(参拝パンフレットより)



【社号碑】


DSCN0565.JPG



【鳥居】


まず急な石段を上がって、その先に一之鳥居。


DSCN0567.JPG



一之鳥居を潜ると再び少しの石段があり、その先に二之鳥居と社号碑。


DSCN0572.JPG


DSCN0573.JPG



【参道】


DSCN0568.JPG


DSCN0571.JPG



【御社殿】


鉄筋コンクリート造によるもので、中々に風格のある面構えです。


DSCN0574.JPG


DSCN0577.JPG


DSCN0576.JPG


【狛犬】


DSCN0569.JPG


DSCN0570.JPG


【御朱印】


DSCN0639.JPG



【MAP】


瀬田玉川神社.png










【開運】







【金運】












【スキンケア】















posted by 逆襲のけんちゃん at 09:25| Comment(0) | 神社参拝・御朱印 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。